相続手続き相談室コラム 21

 

相続手続き相談室 です。

 

このコラムをご覧いただいている方の中には、

配偶者やお子さんなどを名義人として、

預貯金をされている方もおられることだと思います。

名義人が違っていても、実質的には自分自身の所得などから、

預貯金されていることになります。

自分名義の口座と、実質的には変わらないという解釈が可能になります。

 

ですので、たとえば、

父親が、長男であるあなたの名義で、

銀行に預金されていた場合に、

その預金が相続手続きの中で、どのように扱えばいいのか。

そのような疑問点が生じることがあります。

 

遺産分割協議書の作成時にも、

焦点の一つとされる被相続人の財産確定作業。

重要なことなのですが、まず、

ご家族の名義でなされた預貯金を、相続人のあいだで、

きちんと、遺産であることを確認し合わなければなりません。

ご家族の名義の場合は、比較的スムーズに、

相続手続きを進捗させられることが多いように思います。

 

被相続人の長男名義の預貯金を、

遺産分割により、他の相続人が取得することになれば、

名義人である長男が、この預貯金が相続財産であることを、

認めたうえで、名義変更手続きを進めていくことになります。

金融機関にとりましても、名義人の協力なくして、

名義変更はできませんので、協力が必須の事項になります。

口座名義人の協力が得られない場合は、

被相続人の遺産であることの確認を求めるために、

家庭裁判所の調停手続きに移行することが考えられます。

 

なお、長男が、そのまま遺産分割により、

その預貯金を取得した場合は、金融機関との関係で、

名義変更手続きの問題は生じないことになっています。

 

今回は、ここまでにさせていただきます。

 

相続手続きにおける疑問点、

お困り事がございましたら、

「相続手続き相談室」 まで、

お気軽に、問い合わせてください。

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

このブログ記事について

このページは、行政書士FP相談室が2010年3月29日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相続手続き相談室コラム 20」です。

次のブログ記事は「相続手続き相談室コラム 22」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。