相続手続き相談室コラム 24

 

相続手続き相談室 です。

 

経営承継や事業承継にも絡んでくるお話を、

させていただきたいと思います。

 

これはまだ、私たちが、

「相続手続き相談室」のWebサイトを、

立ち上げる前の実際の事例をもとにして、

お話させていただくものです。

下のWebサイト、

知的資産経営報告書・経営承継プラン作成 を、

作成する以前の話でもあります。

 

自営で飲食業を経営されていた母親が亡くなられて、

ご依頼者である被相続人の子である兄と、

独立されて家族をもっておられる弟が相続人でした。

ご依頼者は、家族ともども、経営に参画されていました。

遺言はありませんでした。

被相続人である母親名義の自宅店舗について、

協議の場を設定することに急を要しました。

遺産分割協議申入書の作成について、助言させていただきました。

最終的には、遺産分割協議申入書を作成し、

遺産分割協議の進め方等について、

アドバイスさせていただきました。

遠方に住居を構えていた弟も、

その重要性を認識されて、依頼者の兄の言うことに、

耳を傾けて、納得していただけたとの事でした。

 

弟にとっては実家でもある母親名義の自宅店舗は、

共有にすることなく、兄が単独で相続して、

今まで通り、飲食店を経営していくことになりました。

「ごねるような弟ではない。」

直接、お目にかかっていませんが、

ご依頼者の方の弟は、その言葉通りの方だと感じた次第です。

 

今回は、実例をもとにして、

お話させていただきました。

 

相続手続きにおいて、

疑問点やお困り事などがありましたら、

お気軽に、「相続手続き相談室」 まで、

ご相談、お問い合わせください。

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

このブログ記事について

このページは、行政書士FP相談室が2010年4月 5日 11:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相続手続き相談室コラム 23」です。

次のブログ記事は「相続手続き相談室コラム 25」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。