相続手続き相談室コラム 34

 

相続手続き相談室 です。

 

謹んで、お知らせいたします。

平成22年5月10日(月) まで、

お休みさせていただきます。

どうぞ、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

 

相続人の範囲について、

少しだけ、触れさせていただきます。

 

亡くなられた被相続人に、認知した子がいる場合、

その子は、相続人の範囲に含まれます。

しかしながら、生前に行われた認知が、

真実に反しており、認知した者と認知された者のあいだに、

生物学上の父子関係が存在しない場合や、

認知した者の意思によらずして認知届が提出受理された場合、

そして、認知した時点において、認知した者に、

認知能力または意思能力がなかったと判断される場合には、

認知無効の調停を申し立てることができます。

留意しておいていただきたいと考えております。

 

重ねて申し上げます。

「相続手続き相談室」 は、

平成22年5月10日(月) まで、

お休みとさせていただきます。

ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

このブログ記事について

このページは、行政書士FP相談室が2010年4月20日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相続手続き相談室コラム 33」です。

次のブログ記事は「相続手続き相談室コラム 35」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。